ロッテ0-ソフトバンク2 【Yahoo!sportsnavi】

打線で唯一評価していた「完封がない」という楔が取れた今、擁護出来る点がなくなった。この試合は初回に先制点を取れていれば、こちらに有利に試合が運べた。また、先制出来なくとも6回にセオリー通りバントを成功させるか、失敗後に盗塁を成功させてチャンスを掴まなければならなかった。そのどちらも達成出来ないところを見せられると、情けなくて仕方がない。特にバントの下手さを見ると、最下位を覚悟させられる。打てず守備が上手い訳でもなく、バントも下手な野手陣たち。一体長所はどこかと思ってしまうくらいだ。
機動力に関しては、荻野を通して伊東監督の消極性が見受けられた。初回はバントをさせないのなら盗塁があるかと思えばそれもせず、リードも小さい。3回に荻野が2死から出塁した時は、これはもう走る以外に選択肢はないと個人的には思った。が、中々盗塁を仕掛けないどころか、相変わらずリード幅が小さくスタートの構えでプレッシャーをかける行為すらロクにしない。結局細谷が追い込まれてからスタートを切ったが、三振となり幻の盗塁に終わった。早いカウントで走らなければ意味がないというのに…。6回裏に、同じく荻野が盗塁を仕掛ける場面が訪れるも、今度はバッテリーに読み切られて完璧なアウト。あまりにも機動力に消極的過ぎて、チーム全体で盗塁が下手になってしまったのではないかとすら思わされる。登板間隔が空けば肩がなまるように、リードやスタートの構えでプレッシャーをかけるのを怠り、盗塁自体も久しぶりと来れば、あの荻野がエンドランミスで鈍足走者がアウトになるような、完璧なアウトを食らってしまうのもうなずける。
打順の組み換えで細谷を2番にしたのは、初回の攻撃を見るにバントをさせない攻撃型2番という事だったのだろうが、今のロッテにその手段は適していないだろう。バントの有効性は、打者の能力との相関ではかられる。優秀な打者が揃っていればバントでアウトを献上するのは損になるが、今のロッテ打線は逆に大地・井口・福浦・井上以外はいつでもどこでもバントをしなければならないくらいの戦力だろう。何とか得点圏にランナーを送って、一本が出るのを待つしかないのだから。バントも盗塁もしない強行策には異議を唱えたい。ただ一応伊東監督の立場から擁護するならば、安定感に乏しいスタンリッジが先発なので、1点では勝てないと踏んで試合のプランを立てて臨んだのだろうと推測出来る。そしてそれを一概に否定する事は出来ない。
先発のスタンリッジは何とか6回を1失点にまとめたが、あれだけ制球に苦しみながらよくもまぁ1点に抑えたもんだと感心する。相変わらずストレートが引っかかって右打者の外側にそれる状態が改善されておらず、暴投まがいの球もあった。右打者の外角及び左打者の内角にストレートが使えないというのは、言わば配球における飛車落ちのようなもの。その中で対照的に良く変化していたスライダーとナックルカーブを多投し、何とかピンチをしのぎ続けたのだから、ジェイソンの経験値に感嘆する。内容は改善されていなかったが、前回同様結果は残した。一度抹消して本来のジェイソンの投球を取り戻して欲しい気持ちは強いが、今のローテ状況からして外す事は出来ないので、1軍で投げながらの改善を待つしかない。
スタンリッジの後の継投には少し驚いた。大谷有吉まではわかるとしても、9回の内には「そこまでするか」と。
この内投入は9回裏にサファテから2点を取れる可能性の低さや、明日も試合があるので連投や内の怪我のリスクが高まる事を鑑みると、どう考えても非常識な継投である。恐らく伊東流の、あまりにも不甲斐ない野手及びチームへの一種の激だったのだろう。こういった形で喝を入れなければならないくらいに監督が追い込まれているという事だ。伊東監督には同情するし気持ちはわかるが、あまりこういった行為はして欲しくない。いかにも、いよいよチームの崩壊という感じがしてしまうし、指揮官が冷静さを失ったら、勝負事はそこで終わってしまう。しんどいだろうが、何とかこらえて欲しい。
しかしこれ程までに打てない状態が続くと、助っ人を使う理由がなくなって来る。助っ人は長くても数年でチームを去る存在であり、今のパラデスダフィーの状態が続けば今年で解雇だろう。だったらこれから長い間チームの戦力となっていく若手中堅選手を使った方が価値がある。どうせ打てない助っ人を我慢する分の経験の場を、三木をはじめとする守備に秀でた打撃に難ありの選手に与えて欲しいと、個人的には思う。その方が同じ打てないでも投手陣はフラストレーションなく投げられるし、そういった選手は打撃ではチームバッティングをしなければならない立場なので、身勝手な打撃で流れを分断する恐れがないからだ。
それにしても、柳田の風を味方につけた狙いすました一発は、敵ながらお見事。あの打ち方であそこまで飛んで行くのだから、やはり規格外の選手だと再確認。
今日は佐々木VSバンデンハーク。勝てるかどうかは別にして、佐々木の投球と今年のバンデンハークの状態を良く注目して見たいと思う。
公示では石川の代わりに藤岡が昇格したが、佐々木の代わりに誰が落ちるかに注目。恐らく高野だろうが、チェン藤岡と左腕が揃ったので、松永が抹消される事に一縷の望みを託したい。

↓ランキングに参加しています。クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村

千葉ロッテマリーンズランキング